【マーケット分析】知っていますか?ボラティリティ ドル円月間最大14.73%、日経最大39.15%、ビットコイン最大112.10%…

こんにちは。マーケットに関する新聞記事、ブログを読んでいると、「為替市場はボラティリティが低くて、株式市場は高い」とか「ビットコインは高ボラティリティで利益獲得のチャンスが多い」といった記載を目にすることがあります。

ボラティリティとは「一定期間の価格の値動き幅」のことで、%で表します。と、いうところまでは検索すれば簡単に出てくるのですが、では皆さんトレードしている銘柄のボラティリティについてはご存じでしょうか?私はこれまできちんと調べたことがありませんでした。

自分がトレードしているFX各通貨ペアや、またそれ以外の日経やビットコインなどメジャーな金融商品についてボラティリティを調べてみようと思い、今回整理してみた次第です。

と、いうことで今回記事は以下のような流れで進みます。

  1. FX、株式、ビットコインの月間ボラティリティ一覧と考察
  2. クロス円/クロスドルの比較と考察
  3. まとめ

1. FX、株式、ビットコインの月間ボラティリティ一覧と考察

※まず初めに、以下分析元データはいずれもTrading Viewから取得しています。またボラティリティの計算式について簡単化していますが、そのあたり大目に見て頂ければ幸いです。

( FX、株式、ビットコインの月間ボラティリティ一覧 )

銘柄集計期間データ数最大ボラ(1か月あたり)最小ボラ平均ボラ中央値ボラ
ドル円2002/5-2021/923314.73%1.19%4.08%3.65%
ユーロ円2002/5-2021/923324.72%1.50%5.65%5.15%
ポンド円2002/5-2021/923326.94%1.34%5.15%4.54%
豪ドル円2004/6-2021/920835.78%1.93%6.17%4.87%
ユーロドル2002/5-2021/923317.11%1.32%3.97%3.47%
ポンドドル2002/5-2021/923314.66%1.21%3.99%3.61%
豪ドル米ドル2002/5-2021/923325.40%1.41%5.10%4.37%
日経2251984/1-2021/940839.15%1.72%8.90%7.79%
ダウ指数1984/1-2021/940839.89%1.82%6.89%5.72%
ビットコイン2016/1-2021/969112.10%8.54%37.17%32.51%
ここでは、(月の高値ー月の安値)÷ 月の始値をボラティリティとして計算しています。

はい、ということでいきなり一覧表から示したのですが、何となく認識していたボラティリティの大小関係をデータで定量的に確認出来たり、想像と違う部分もあったりして個人的に大変興味深いデータになりました。

まず、このデータから得られる考察は、やはり為替よりも株、株よりもビットコインの方がボラティリティが高いということですね。為替は通貨、ひいては国の信用力の強弱関係を示すものです。メジャー通貨である場合、国の信用力自体がそこまで大きく変動しないため、ボラティリティも比較的小さい範囲に収まります。一方でビットコインは、通貨、株に比べると信用力が低く、その分リスクが大きい=価格のばらつきが大きい商品であるということが分かりますね。最大112.10%という数字にも驚きですが、平均、中央値ともに30%台という恐ろしくリスクの高い金融商品であるということを再確認しました。

また、思っていたよりも株式のボラティリティは為替よりも大きくなかった、ということに気づきました。ダウ指数などはメジャー通貨ペアと比べてもそこまでボラティリティが高くないですね。やはり代表的な指数は信用力が高く、その分ボラティリティも通貨並に抑えられる、ということでしょうか。

そのほか、1か月間で見た時のポンドのボラティリティはそこまで他と比べて高くないというのは面白い気付きでした。ガチャガチャした激しい値動きをするのがポンド=ポンドはボラティリティが高い、と思い込んでいたのですが、むしろ豪ドルの方が(またユーロもわずかではありますが)ポンドよりボラティリティが高いということが分かりました。

2. クロス円/クロスドルの比較と考察

また、「クロス円よりもクロスドルの方が(あるいは逆)値動きが激しくないか?」「そもそもクロス円とクロスドルって相関して動いているのか?」と個人的な疑問があり、クロス円/クロスドルのボラティリティ比較をしてみました。

これらの比較からわかったのは、(個人的には)意外にもクロス円の方がクロスドルよりもボラティリティが高い傾向にある、ということです。ポンドなどは大体の期間でクロス円の方が高くなっていますね。

また、ポンド、豪ドルに関してはグラフの形状が概ね一致したのに対してユーロはあまり相関の感じられない動きをしていることが分かりました。ユーロドルがきれいなトレンドを形成しているのにユーロ円はグズグズした動きをしている(逆もしかり)、というあるあるパターンが気のせいじゃなかったとわかるのも面白いですね。

3. まとめ

月間で為替、株式、ビットコインのボラティリティを比較してみたことで以下のようなことが分かりました。

  • ボラティリティの強弱関係は、為替<株式<暗号通貨(ビットコイン)。ただし、為替と株式のボラティリティ大小関係は、長期間で見るとそこまで大きな差はない。
  • 短時間で激しい値動きをするペア(ポンドなど)も、1か月あたりでみるとボラティリティが高いということではなさそう。
  • クロス円、クロスドルで比較した際相関性の高い通貨もあれば、相関性の低い通貨もある。相関性の低い通貨で同じ方向のトレードを仕掛けない、というのも一案?

今回の記事では、ヒストリカルなボラティリティ分析に終始してしまいましたが、そもそもボラティリティを把握しておくことは実際にトレードをする上でも重要です。そちらについても別途要点を抑えて記事を書いてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました