【FXコラム】価格の将来予測って可能なの?

こんにちは。これからトレーディング(ここではFX、株でも大体同じことが言えると思ってますが)を始めてみたいと思っている方向けに一番最初に知ってほしいこととして、「価格の将来予測」に関する持論を述べます。

 FXの値動きについて、初心者の方はだいたい以下のようなことを考えられているのではないでしょうか。(私は実際こうでした。)

  • なんで価格が上がったり下がったりするのか、さっぱり分からん…
  • 買ってみたら下がるし、売ってみたら上がるし、思ったのと逆の方向に動く気がする…
  • なんかテクニカル分析とかいうのを学んだら分かるようになるんだっけ?
  • SNSで上がってるチャートのスクショはなんかごちゃごちゃ線引いててよく分からんけど、上手いトレーダーは完璧に将来予測が出来ているんだろうなあ…

 そして、何らかの方法で確実な未来予知をしようと勉強を始める…というのが王道パターンかと思いますが、結論から言って価格の将来予測なんて上手いトレーダーだろうが誰も出来ていない(はずだ)し、あなたも出来るようになると思い込まないほうがいいです。

 この考え方をまず第一に身に着けられるか否かで、その後の回り道(聖杯探しの旅、とも言われます)の期間をぐっと短縮することが出来ると考えています。

トレードはコイン投げ

  そもそも、価格って誰が決めてるんでしょう?上がったり下がったりするのは何故でしょう?これについては単純な話で、答えは「今より高くても買いたい人がいれば値段は上がり、今より安くても売りたい人がいれば値段は下がる」です。市場参加者の売り買いがバランスするところで価格は決まります。

 では、市場参加者の売り買いに対する思惑が全部わかっていればどうでしょう?あなたは次価格が上がるか下がるか完璧に把握できるでしょう。ですが、全ての市場参加者の思惑をつかむことは非常に困難です。機関投資家、大口の個人投資家、小口の個人投資家、と大小さまざまなプレイヤーが、順張り、逆張り、指値、逆指値、とあらゆるところにトレードのきっかけを見つけてエントリーしてくるのです。また、システムトレードでもない限り、各参加者は「トレードする、しない」の判断をしています。感情がトレードの実施に与える影響も無視できません。

 これらの動きを全て分かったつもりになって将来予測をする、なんてことは少なくとも私には不可能です。なので、「トレードはコイン投げ」だと思う、というかある意味割り切るようにしています。コイン投げと割り切ってしまえば表が出ようが、裏が出ようが運次第と考えられますし、自分の判断を必要以上に責めたり理由を考えてドツボにはまったりすることもないですよね。

”一部の”SNSの人です

トレードは「偏りがある」+「ゲームのルールの変わる」コイン投げ

  ただ、単純に表裏50%:50%で完全にどっちが出るかわからないコイン投げをやらされているのだとしたら、私はトレードをやっていないと思います。

  実はこのコイン投げ、あるポイントで急に表が出やすくなったり、裏が出やすくなったりするんですよね。また、勝った時にもらえる金額と、負けた時にもらえる金額も変わります(リスクリワードと呼称。)。トレーダーのやることはつまり、「(表が出た時を勝ちだとすると)表が出やすくなる時+勝った時にもらえる金額>負けた時に失う金額な時」を狙ってトレードする、そしてそれを継続的に繰り返し続ける、ということです。結局トレードは麻雀とかと同じ期待値のゲームなんですね。

  

こんなのは日常茶飯事

まとめ

 トレーダーは、「将来の価格予測」をするのではなくて、「コイン投げに偏りが生じ、ルールが変わるとき」(これはつまりトレンドが変わるとき、ということです。)を捉えてトレードを繰り返しています。そしてそれ以外のポイントではトレードせず、機会を待っています(あくまで私の持論)。

 では、そのトレンドを見極めるポイントはどこなのか、これについては今後私の手法を紹介したり、一般的な理論を別途紹介していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました