12/4-6 雇用統計後も方向感なし ボリンジャーバンド逆張りに勝機【トレード比較】

分析データ
にほんブログ村 為替ブログ FX投資情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村に登録しています。 よければクリックお願いします!

こんにちは。and-youです。SMA,RSI,ボリンジャーバンドのトレードルールについて、トレード結果の比較6日目を報告します。

設計思想、ルールについてはこちらこちら、ルール調整内容については、こちらを参照下さい。

なお、念のため毎記事触れますが、検証はいずれも「ユーロドル 30分足」で行うものとします。

また、通常「前日夜9時~当日夜9時」を目安にトレード結果を集約し、月曜日については「先週金曜日夜9時~当日夜9時」までをまとめることとします。

※また、以下のチャート画像についてはTradingview様よりチャートを出力しています。

なお、前営業日の結果についてはこちら

ユーロドル 本日の値動き

ユーロドル、12/4-6の値動き、インジケーターなし版のチャートをはります。
今回(先週金曜21時ニューヨークスタート、雇用統計発表前後、図中ピンクの線から)について、ニューヨーク(~先週クローズ迄)、(今週オープン~)東京、ロンドン開始に伴いそれぞれ異なる動きを見せました。
・ニューヨーク時間:雇用統計後、下げ⇒一瞬大きく上髭を付ける上昇を見せるも結局下げ、そこから反転上昇と情緒不安定な値動きが続きました。
・東京時間:今週オープンからは、先週同様ニューヨーク時間の高値安値の間でダラダラと、しかし下げ方向へジワジワ進みました。
・ロンドン時間:東京時間の下げから反転、上昇しました。

基本的に先週のヨコヨコ相場と同じ展開が続く中、これであれば逆張りトレーダーに勝機がありそうです。ルール調整の結果、各トレードルールの成果はどのように変わったでしょうか。

ユーロドル SMA

今日のトレードは2回です。引き分け1回、負け1回ですね。
1回目のトレードはリスクリワード2地点までは行きました。

守りが固い一方、たまたまパーフェクトオーダーが発生しても利益が伸びない状況が続きますね。

そうですね。先週の結果を踏まえて特に逆張りルールを追加したわけではないですからね。
正直、SMAを使って逆張りするアイデアはあまり思いつかないので、逆張りしたいなら別インジケーターでやるべきだと思います。

分かりました。ありがとうございます。

ユーロドル RSI

本日のトレード回数は1回で、現在もホールド中です。
先週最後に持った買いポジションは負けになりました。

かなりトレード回数が減りましたね。この結果はいかがですか?

無駄なトレードが減った、とみていいでしょう。
今日の東京時間は一見下げ一方向にのみ動いているように見えるのですが、ニューヨーク時間に比べてみればかかった時間の割に値動きが小さいですよね。
そのあたりがRSI、ADXの数値に出ているように感じます。下げ続けているのに、なかなか30を下回りませんし、ADXも20以下が続いています。
自分のルール上、RSIがある程度行ききってくれないと利確判断が出来ないので、下手にトレードするよりはまし、と思えます。

分かりました。引き続き様子を見ていきましょう。

ユーロドル ボリンジャーバンド

今日のトレード回数は2回で、勝ち1回、ホールド中1回です。
ADXが20ちょっとのところでもう1回シグナルが出ていたのですが、ここで逆張りしていればリスクリワード7取れてましたね。(図中青丸)これは惜しい…

順張りとは全く違う結果になりましたね。ニューヨーク時間の反転、東京時間の反転、いずれも弱いトレンドの中で逆張りが強くなった結果なんでしょうか。

ADXの数値をみれば、そう言えるかもしれませんね。20を下回っている状態はトレンドが発生している状態とは言えないでしょう。
ADXの閾値(20)についてはもう少しよく考えたいところです。21ならダメで19ならトレードしていい、という決め方ではなく、一定の誤差は許容しても良いかもしれません。

分かりました。ありがとうございます。

まとめ

本日も、先週後半同様、

  • ニューヨーク時間で激しくアップダウンし
  • 東京時間でニューヨーク時間値幅内でジワジワ動き
  • ロンドン時間で東京時間を否定して反転し

と、全体で見ればヨコヨコ相場を形成する流れが続きました。

この中で、ボリンジャーバンドの逆張り手法というのがうまくはまり、「トレンドが弱い状態」のとらえ方次第ではリスクリワード10近い成績を上げる結果となりました。

引き続き明日以降も停滞の動きが続くのでしょうか。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました