メソッド

トレード手法

【FX】分割エントリーのメリットについて(プレッシャーの分散)

分割エントリーはエントリータイミングと、一度のトレードで保有するポジション量を複数に分ける方法です。今回はリスクリターンという観点でなく、心理的な観点から見た分割エントリーを採用するメリットについて、全量トレードと比較して紹介します。
トレード手法

出来高x水平線トレード戦略について【真のブレイクを見抜く】

今回は、出来高を用いた水平線の重要性認識及びそれに基づくトレード方法について紹介します。 今回記事は、以下の方に向けて書いています。 出来高をどのようにトレードに使えばいいか分からない方水平線を引いたものの、どれが重要か分か...
情報収集

企業物価指数と消費者物価指数の調べ方【日本の場合】

物価指数は、2国間為替レートを購買力平価の観点から見るために必要なだけでなく、大まかな経済動向をデータで確認する上でも非常に有用な指標です。今回は日本の企業物価指数、消費者物価指数の調べ方について紹介します。
トレード手法

バンドウォーク戦略について【ダマシ回避+損失最小化】

ボリンジャーバンドの順張り手法の一つ「バンドウォーク」とピラミッティング、トレーリングストップを上手く組み合わせることで、ダマシ回避、損失を最小化しながら効率よく勝つことが可能になります。本記事では戦略コンセプト、具体的な手法定義等について紹介します。
情報分析

Average True Rangeについて【計算式】

Average True Rangeは「過去一定期間のデータをもとに」「現在想定されるボラティリティ」を算出するインジケーターです。ボリンジャーバンドと類似しているがイマイチ違いの分かりにくい本インジケーターについて、計算例等示しながら説明します。
情報分析

相関係数と共分散の計算式と計算例

当ブログで度々扱っている「相関係数」について、その計算方法等を改めて解説します。相関係数とは、「2種類のデータの関係性を求める指標」のことですが、その関係性をどのような計算式で数値化しているかは正しく理解する必要があります。
情報分析

RSI(相対力指数)の計算式を理解していますか?

RSI(相対力指数)は、過去一定期間の値幅をもとに、「買われすぎ」「売られすぎ」という状態を数値化して表すインジケーターです。実際の使われ方において「30以下だと売られすぎ」「70以上だと買われすぎ」と、特定の数値だけが注目されています。今回は、改めてRSIの計算式を計算例も交えて確認しましょう。
情報分析

EMA(指数平滑移動平均線)の計算式を理解していますか?

皆さんは、EMA(指数平滑移動平均線)の計算式を理解していますか? EMAは、SMA(単純移動平均線)に比べて、トレンドをより早く察知する、とされ、同じくトレンド手法であるゴールデンクロス、デッドクロスの判断指標に用いられることもあ...
情報分析

ボリンジャーバンドの簡単な計算プロセス【実例をもとに試算】

ボリンジャーバンドは「期間中平均値計算」⇒「期間中の標準偏差計算」という計算プロセスを通じて描画されています。インジケーターの計算を自らなぞることで、その意味に気づかされることも多いため、ボリンジャーバンドの計算プロセスについて、実例をもとに簡単に見ていきます。
情報分析

自己相関から値動きサイクルの周期を調べる方法【コレログラム】

市場の値動きを見ていると、「これって一定の周期性があるのかな?」と思う瞬間はありませんか?この値動きの周期性、エクセルの機能(+分析元となるデータ、本記事ではTrading View由来)を使えば簡単に分析できてしまうんです。
タイトルとURLをコピーしました