トレード手法

メソッドの下位カテゴリ、トレードのやり方についてです。

トレード手法

株式投資家こそ出来高と水平線分析を重要視すべき理由

今回は、出来高と水平線によるチャート分析は、長期的にポジション保有する可能性のある株式投資家にこそ有効である、ということについて説明します。
トレード手法

線形回帰チャネルの課題と対策

今回は、前回記事で書いた線形回帰チャネルと平行チャネルについて、より深堀して課題と対策を考えます。
トレード手法

商品市場における現物価格と先物価格の関係

今回は、商品市場における現物価格と先物価格の関係についてメモします。 現物と先物について 現物と先物について、また現物買いと先物売りの仕組みについて簡単に説明します。 「現物を買い建て、先物を売建てる」というのは、商品や...
トレード手法

株式配当狙いの投資家ならブルーチップ株に投資すべき理由

長期保有、高配当狙いの投資戦略においては、「値上がり値下がり幅は少なく」「高配当である」銘柄を選択する必要があります。ブルーチップと呼ばれる銘柄群は、まさにこうした属性を備えており、配当狙いの投資家にうってつけの投資対象になります。
トレード手法

モメンタムの意味

モメンタムは、ある2期間の終値の差を表示する非常にシンプルな指標です。その意味を正しく認識するためには「0」の値を中心にした分析が重要です。
トレード手法

パラボリックSARの留意点と使い方(トレーリングストップ)

パラボリックSARは、決まった計算式によりトレンドの加速を視覚化するインジケーターです。あくまで計算式で切り下げ切り上げを測るものであり、トレンド把握にそのまま使うべきではありませんが、トレーリングストップに使うには最適です。
トレード手法

〇日前高値安値ブレイクアウトの弱点と対策

〇日前の最高値、最安値は、その値をエントリーの基準、ストップロスとして売買ポジションが積み重ねられておりこの点を基準にしたトレードは優位性が高くなります。一方で、より長期的なトレンドを把握しないとダマシにあいやすくなる点でもあります。
トレード手法

RCIの期間設定について

RCIは日付と価格を順位化し、その相関を取るというシンプルなインジケーターですが、トレンドの起こりを的確にとらえる上では優秀な指標となります。適切な期間設定とすることで、長期トレンドの起こりを把握することが出来ます。
トレード手法

フィボナッチ・リトレースメントの弱点と対策

フィボナッチ・リトレースメントはトレンド相場の戻り幅を見極めるために使われますが、「どこに引くべきか」について明確な基準がありません。ZigZagを併用すると、抑えるべきスイングを的確に把握することが出来ます。
トレード手法

ダウ理論(トレンド定義)の弱点と対策

ダウ理論における高値安値の定義は定量的かつブレなく行わなければ意味がありません。ZigZag等インジケーターにより定量的、自動的にチャートに描画すると良いでしょう。
タイトルとURLをコピーしました