相関関係のある通貨ペア、ない通貨ペアで切分けて考える戦略論

ファンダメンタルズ
にほんブログ村 為替ブログ FX投資情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村に登録しています。 よければクリックお願いします!

チャートをテクニカル分析していると、↓みたいなことって、ありませんか?

  1. ドル円、ユーロ円両方で買いシグナルが出たからエントリーした
    • 結果その後、円を軸として両ペア同じ動きをした 
      • 後々振り返って、これって別々にエントリーする必要あった?ドル円で2倍量ポジション持てば良かったのでは?と思った
  2. ユーロ円で買シグナル、ユーロドルで売シグナルが出たからエントリーした
    • 結果その後、ユーロを軸として両ペア同じ動きをした(片方は勝ち、片方は負け)
      • 後々振り返って、これは両建てで「リスク回避」になっていると思った

複数の通貨ペアを監視してトレードする意味を今一度考えてみましょう。

ただ単に「トレードチャンスを倍増させる」ためであってはいけません。それなら、一通貨ペアに絞って張るポジション量を増やせばいいだけ。上の1で上げた通りです。

また、もともと計算に入れていない「リスク回避」のためであってもいけません。上の2で上げたケースのように片方は勝ち、片方は負けるくらいならそもそも両方やらなければいいのではないか、ということです。個人で短期トレードする限り、インカムゲイン(参考:SMBC日興証券用語ページ)で利益を得る発想は基本ないでしょうから、ただ取引スプレッド分損するだけです。

大事なのは、まず通貨間相関係数を把握し、戦略を立てることです。

JPY, USD, EUR, GBP, AUD各ペアの相関係数

ということで、JPY, USD, EUR, GBP, AUDの各ペアについて相関係数の一覧表を作ってみました。

2020/7-2022/3現在まで。4時間足でサンプル2600本で集計しています。

各ペアの棒グラフにすると↓。

なお、相関係数の値の意味は↓の通り。

相関係数 rr の値相関
−1≤r≤−0.7−1.0≤r≤−0.7強い負の相関
−0.7≤r≤−0.4−0.7≤r≤−0.4負の相関
−0.4≤r≤−0.2−0.4≤r≤−0.2弱い負の相関
−0.2≤r≤0.2−0.2≤r≤−0.2ほとんど相関がない
0.2≤r≤0.4−0.2≤r≤−0.4弱い正の相関
0.4≤r≤0.7−0.4≤r≤−0.7正の相関
0.7≤r≤1−0.7≤r≤−1.7強い正の相関

相関係数に応じて取るべき戦略

上記グラフの中身をどう評価するかは、皆様各自次第だと思います。

また、結論として、「相関係数が1、ー1に近いから一緒にトレードしてはいけない」というつもりもありません。

推奨できることとしては、せいぜい、以下のように戦略を手順化することではないかと思います。

  1. あるペアで買シグナルが出たら、他の正、負それぞれの強い相関係数が出ているペアを見て、そちらでの買い気配がないかチェックする(=他ペアを監視する意味はダブルチェック的な機能にあるとする
    • ちなみに、正の相関係数のあるペアでも買シグナルなら買いです
    • 負の相関係数があるペアでも買シグナルなら買いを手控えるほうが良いです。
  2. あるペアでシグナルが出て、他のペアでもシグナルが出た場合、相関関係がないペアであれば両方エントリーして良いとする。(買でも売でも)

なお、上記2については、検証が難しいですが一定の分散効果が働くことも期待できるでしょう。

通貨ペアのポジションはポートフォリオというほど大げさなものでもありませんし、インカムゲインがあるわけでもないので、その実「あるペアでデカいヒゲが出てポジションが損切にあったとしても他のペアは生き延びた」くらいの価値しかないかもしれませんが。

相関係数の表は、一度自分でも作成してみて、どこかに張っておくとよいかもしれません。

今日はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました