平行チャネルを引いてみよう【FX手法①】

オピニオン
にほんブログ村 為替ブログ FX投資情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村に登録しています。 よければクリックお願いします!

こんばんは。今回からはFX手法について解説をしていきたいと思います。

と、その前に、皆さんお使いのチャート、初期状態のままになってしまっていませんか?例えば以下のように…

大体初期状態から引かれてる3本の移動平均線、始めたばかりだと何やら意味ありげに見えて、これを使って色々やってみようかと思ってしまうのですが使い方が決まっていないうちははっきり言ってノイズです。なので消してしまいましょう。

このチャート、なんとなく途中から上がっているのはわかりますがどこで入ればいいのか、どこまで上がり続けるのか、全然わかりませんね。そこでチャートに水平線と上昇チャネルを引いてみましょう。こんな感じです。

これで、上昇の勢い、上昇の終わりがイメージしやすくなりましたね。ということで、今回はこの平行チャネルを引いてチャート分析するメリット・デメリットと私なりの引き方について説明していきたいと思います。(水平線も併せて非常に大事な概念なのですが、そちらは次の回で説明します。)

※なお、チャネルはTrading Viewを使って引くのが圧倒的に楽です。FXトレーディング各社で用意しているものはあまり自由に図が描けません。まだインストールされていない方は公式サイト(https://jp.tradingview.com/desktop/)からダウンロードをお勧めします。チャネルだけなら無料で引き放題です。

平行チャネルを引くメリット

平行チャネルを引くことで、まず第一に「今価格は上昇トレンドの中でも高値なのか安値なのか」の推測がつくようになります。センターライン(点線で表示)の上側が高値、下側が安値です。上昇トレンドにおいて、買シグナルが出た場合、「既に十分高値圏だから買は見送ろう」または「安値圏だから買でエントリーしよう」とトレード判断の補助に使うことが出来ます。

チャネルの上辺、下辺は(チャネル認識の根拠がしっかりしたものであれば)サポート、レジスタンスとして機能する可能性が高く、利確目標ポイントやストップロスの目安として使うことも出来ます。

平行チャネルを引くデメリット

明確にルールを決めないと、自分に都合よく平行チャネルを認識してしまい、まだ価格が十分に下げ切っていないのに「平行チャネル下限に近いから」と買いで入ってしまい、負ける…ということはよくあります。

また、一貫性のあるルールを設けていたとしても平行チャネルの完成までにはある程度時間がかかります。そのためそれまでにシグナルが発生していたとしても「平行チャネルが完成するまではトレードしない」といったルールを決めてしまうとエントリーを見送ることになります。もちろん、どこで入っていいのかわからない急騰急落や、いつまでたっても動きのないレンジに飛びこむことを抑える効果もあるので良しあしなのですが、例えば上昇チャネルを外れてから下降トレンドへ転換するところなど、利益が伸びやすくなるタイミングでのトレードは別にルールを決めて実施する必要があります。

平行チャネルの引き方

では、ここからは平行チャネルの引き方について整理していきましょう。解説のために改めて暴騰で張ったチャートを拡大して表示します。ここからは上昇チャネルの引き方について説明していきますが、下降チャネルを引く場合でも見方が上下逆さになるだけで同じです。

上昇チャネルを引く上で私が重視しているのは、①上昇トレンドが発生した起点を確認すること、②起点に関連した、「最安値(スタート地点と呼んでいます)」「天辺」「戻り」の3点形成を確認することの2点です。

①に関しては、私は水平線ブレイクをもってトレンド転換を認識するようにしています。ダウ理論に基づく教科書的なトレンド認識ですね。そのため図中では、ずっと続いてきた下降トレンドの戻り高値を陽線が実体で上抜けたところからトレンドが転換した=起点とみなしています。

②に関して、①の起点が認識されるとそこからまず「最安値」が認識できます。(左の赤の楕円)、そして、起点から価格が反転したところで、「天辺」(真ん中の楕円)が確認でき、最後に一度下がった価格が反発してきたところで「戻り」が(右の楕円)が認識できます。この3点をもって平行チャネルが引けるようになります。

この3点を守って引いた平行チャネルはその後も意識され、価格の下限、上限として機能していることが分かると思います。そして、上限を上抜けた後は、また別の角度の上昇チャネルが始まっていますね。

注意点として、3点を結ぶところ以外で平行チャネルを引いたり、後から「こっちの方が意識されていそうだ…」とチャネルの角度を調整しないようにしましょう。過去検証を進めていくとわかると思いますが、平行チャネルを使う上での最大の課題は、使う人が自分に都合がいいようにチャネルを認識してしまいがちになることです。

仮に、チャネルから外れたところでサポートラインが形成されているとしたら、それはどこかで別の根拠、文脈に沿って新しいチャネルやレンジが発生しているとみたほうが良いでしょう。

まとめ

平行チャネルは環境認識をする上でも、価格の目標地点を定める上でも非常に有用なツールです。ただそれゆえにブレの無い基準を設けて線を引くことが大事です。

また改めて実際に線を引き、どのようなトレードが可能かシミュレートする記事も上げてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました